ダモレ(d’amore)のたわごと のだめカンタービレ 映画話 ケルト話 etcとか。ネタバレ解禁。最終更新はカレンダーの色が変わっている日付をポチ。またはカテゴリから。


by damedelarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ふたりのロッテ

かなえさんのブログsoireeに書いて、そだそだ、と思い出したのがケストナーの『ふたりのロッテ』

映画化は2回くらいされてるのかな?最近の映画化は原作とは大分違っていて
・パパは売れない作曲家(ほんとは超売れっ子の指揮者 笑)
・ママは起業家?社長さん?(ほんとはシングルマザーの雑誌記者見習い)
でした。

原作のお話は・・・

ロッテとルイーゼという女の子二人が、夏休みの林間学校で出会うところから始まります。
二人はお互いに出合ってびっくり、まるで双子のように瓜二つだったのです。
最初反発していた二人は、とても仲良くなりますが・・・
お互いのうちあけ話をしている最中に、自分たちが同じ誕生日、同じ街で生まれたことに気づき、そして母親の名前がルイーゼロッテであることに気づき、二人は双子の姉妹だと発見するのでした。
活発な姉のロッテ、おしとやかな妹のルイーゼ、二人は、何故両親が別れてしまったのか、もう一度二人を一緒にする方法はないものかと知恵をしぼり、一世一代の芝居をうつことにします。
つまり・・・
ルイーゼは、ロッテとしてウィーンの超有名売れっ子指揮者(笑)のパパの元へ。
ロッテはルイーゼとして、ミュンヘンの雑誌記者のママの元へ。
二人の運命は?
そして、二人の両親は?

ほ~ら読みたくなったでしょ?(笑)
読んでる方も多いと思うのですが、読み返して見ると、すごいツボです。
なにせ指揮者のパパってのが・・・(笑)

チアノダパラレルの参考資料にドゾ(笑)
[PR]
by damedelarose | 2005-05-04 23:58 | すおな~れ*キイテクレ