ダモレ(d’amore)のたわごと のだめカンタービレ 映画話 ケルト話 etcとか。ネタバレ解禁。最終更新はカレンダーの色が変わっている日付をポチ。またはカテゴリから。


by damedelarose
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ご無沙汰です

もしかして1年ぶりの更新ですね、うわー・・・

先日、某チャットで話題になったシフォンケーキ。
一度も使ったことがなかったシフォンケーキ型を、そのときのチャット仲間に譲ることになりました。
お譲り先ではさっそくシフォンケーキに挑戦、見事な成果。
私はシフォンケーキって難しそうで、躊躇して結局一度も作らなかったんですよね、ははは…

しかし、それでもケーキ型はまだまだある!
話のついでに、ケーキ型自慢をさせていただきます(笑)

まず、父の日用にお初使用した「プチローズ型」。
b0038773_1274950.jpg


出来上がりはこんなかんじ。
直径5cmくらいのミニローズ型なので、ひとくちサイズです。
オレンジ風味。
b0038773_1285451.jpg
[PR]
# by damedelarose | 2009-06-22 01:29 | まんじゃ~れ*クイダオレ

PC呪われてます。。。

原因が何か、はっきりとはわからないんですけどね、再再初期化、再々セットアップ、諸々再再インストール中。

また休暇とぶつかって?よかったようなつぶれてくやしいような。

すでに一回、エラー発生ですので、モチベーション下がりまくりです。
いま、ちょうどモンキー・マジックの「私を月まで連れてって」がかかってましたが、だれかわたしをこのPC前から連れ出してくれええ・・・・

イラレとフォトショをインストールしたら、デヴァイス・ドライバ・エラーだそうで。
このままだとどこかのOSファイルが壊れていくのかなあ・・・
あああ。ビル・ゲイツ!!!引退するまえになんとかしてくれ!って引退しちゃったのかな。
稼いだ金で自分のつくったポンコツの始末をつけるくらい、してくれよ。
と、恨み節の毎日です。

とかいいつつ、昨日は相方のつきあいで、小石川の旧東京医学校本館へいってみました。
なんともアヤしい雰囲気にどきどき。
その後、植物園にはいって蚊と戦い、酸素をいっぱいすってから「ナルニア第2章」を見てきたわけです。

またまた突っ込みどころ満載の映画にできあがっていて、とってもうれしいな♪
というわけで、この突っ込みは 最後の宴館 ◆The Last Feast House!◆(エキサイトブログリンクにあります)にそのうちupしますので、奇特な方はごらんあれ。

梅雨といいつつ、これは空梅雨に近いのでしょうか?
今年の夏はどうなるのかな。
[PR]
# by damedelarose | 2008-06-29 10:23 | すおな~れ*キイテクレ

梅雨なのに

新刊ことごとく、どっしり号泣ものばかりで。

『風の王国』『少年陰陽師』と辛い展開になってしまって~~
唯一救いは『○マ』かなあ。

梅雨はすかーっとしたもので湿気をふきとばしたい気分なんですけど。
『テメレア戦記』続刊とか出ないかな。
テメレア、おもしろいです。
ドラゴンの生態とか、好みとか(笑)、海軍と空軍のしがらみとか、そのあたりもよくできているし、なによりテメレアがかわいい♪
1巻の最後はお約束の「わー、すごい、テメレア君ってば○○!!」があるので、カタルシスも充分かと。
実は2巻のネタバレは知ってしまっているので、ちゃんと日本語で読みたいんですよね・・・
中国いっちゃうらしいですよ~

ハーレクイン系にやたらヴァンパイアものが目立つので気になってますが、全然立ち読み時間がないので、ほとんどスルーになってしまってます。
『BLOOD ALONE』のロンドン編はあれれ?で終わってしまったなあ。
『ブラッド・プライス』の続刊も出ないなあ・・・
[PR]
# by damedelarose | 2008-06-12 19:09 | すおな~れ*キイテクレ

尊敬すること

時代小説が大好きです。

といっても、最近の作家さんを読むことは少ないのです。
宮部みゆきさんも好きといえば好きだけど、文章のリズムでいくと、池波正太郎と平岩弓枝。
池波さんが亡くなったときは衝撃でした。
・・・最後まで書いてくれよぉ!!という正直な、ミザリー的心情も含めて。

平岩さんと池波さんは同じ文章師匠=長谷川伸についていたので、明治の日本語のリズムがあります。
司馬遼太郎も、明治のことばやリズムを愛していたので、同じなんですよね。
明治とは、西洋文化に比肩する日本の文化を守ろうと、また系統だてて言文一致をめざそうとした時代でもありました。
太平洋戦争後のさまざまな改革は・・・日本人のプライドを無視したものでもあったので、明治を知らない戦前戦中派の作家たちにとって、「明治」は眩しい憧れ、潔さや清新さ、というものをあらわしていたのかもしれません。
司馬、池波、子母澤などにはそういう気風をするのです。

平岩さんはその流れを受け継いだ人といえます。

『御宿かわせみ』が明治編にはいって、これほど読ませる展開になるとは思わなかった!のが正直な感想です。
幕末の主人公たちの過酷な運命をのりこえる、第2世代の青春。
ある意味自作の二次創作に近いかも?(笑)それほど、江戸っ子な展開に、平岩さんの力量を見せられてしまいました。
平岩さんも昭和一桁世代、長寿シリーズをこういう展開にした決断とかセンスとか、尊敬します。そして、もっと書いていただきたい作家です。
[PR]
# by damedelarose | 2008-06-09 21:15 | すおな~れ*キイテクレ

アフリカ~PC壊れた

一気報告です。

2月に突然、アフリカいってきました。
観光まったくなし、甥っ子たちの「ばあや」兼家庭教師(ヴァイオリン教師含む・・・)を8日間
やってきただけ。

雨季だったけどすごい日差しで、乾季よりUVがすごかったみたいです。
日焼けばしばしです。
ウン十年ぶりに剥けマシタ(爆)

帰りはロンドン経由だったけど、いつものごとく飛行機が遅れたので、一晩とまって(それでも楽譜屋だけはいってみた!)帰国。

今回はヒースロー空港の荷物用ベルトコンベアが壊れたとかで、荷物が右往左往状態でしたよ・・・
千秋がこういうことになったら、白目で切れますね。

で、かえってきたら、異動発表。
私は居座りですが、やめてほしい人まで居座り(号泣)
今年も苦難の年と決定した後、PCがまたもや不調に。
これまでのデータの問題ではなく、ソフトの問題でもなく・・・

寿命だったようです。
でもxpでないとイラレやフォトショが使えないものだから、どうにか復活させるべく、相方の親友=PCヲタクの彼氏に往診してもらい、復旧しました。

話せば長いことながら(爆)、インテル以外のCPUでxpを動かしてる方!
サービスパック3をパッチしてはいけましぇん!!
せっかく復旧したところが、イチからやりなおしになりましたのよ。
今日まで、賞味14日間、取り組みました、毎日。

取り急ぎ報告まで。
[PR]
# by damedelarose | 2008-06-03 20:36 | あんだ~れ*イキダオレ?

解答編ほしい・・・

サントラもでましたが、全曲の解答が欲しいですね・・・

とりあえず、メモ。
まったくわからないのは、?で。
もしかしてこの作曲家の?は人名+?
いつもの(笑)は抜かして、ドラマの流れにそっています。

とにかく?だらけ。

More
[PR]
# by damedelarose | 2008-01-11 23:54 | すおな~れ*キイテクレ
あけましておめでとうございます。

2年続けて放置&標槍(なげやりが←変換された・・・何辞書?)ブログで、ご覧いただいた皆様には感謝&お詫び申し上げます。

ああ。今年こそ穏やかな一年でありますように・・・
ものすごく切実。

あまりにいろいろなことが、いいことと大変なことがほぼ同時期に交互におこるもので、さすがに頑丈な私の神経もすりヘリ気味です。

はじめて「安定剤」なるものを処方されちゃったり(爆)
といってもお守りのようなもので、飲みたいときに飲みなさい、なんですが。
次回飛行機乗るとき飲もうかと思ってます。
とにかく寝ちゃうそうなので、睡眠剤みたいなものですね。

オフでもお会いできたみなさん、ありがとうございました♪
今年はもっと遊んでください・・・!!!


これくらいで反省とおねだりとご挨拶はおわりにして、のだめ迎春(新春だった?)ドラマの笑どころをたまには「どまんだ?」で。一度では終わりそうにないなあ・・・

b0038773_11105466.jpg


ついでに、あまでうす人形で新年のご挨拶♪

More
[PR]
# by damedelarose | 2008-01-06 11:08 | ちょっとマテ!?*どまんだ?

閑話・・・

今夜は友人のお誘いにありがたくのって、チャペルで行われたコンサートに行きました。

CANTUS&中島ノブユキ、CANTUSは女性7人のアカペラ、中島ノブユキはピアニスト中島ノブユキをメインにしたアンサンブル。
CANTUSは11/28にデビューアルバムをリリースしたばかりで、とてもフレッシュな歌声をゆったり楽しみました。




9月の旅行のときは、いろいろな人に出会って助けてもらって、人間の善なる心を実感して暖かく楽しい気持ちでいっぱいでした。
帰国後、仕事がんばろう!と元気いっぱいだったのに、まずとんでもない「悪意」にぶつかりました。
それは、悪意無き悪意とも呼べるもので、実行した人には全く悪気がないのだろうだけに、こちらの配慮がおもいきり空回りして、虚しいばかりという事件でした。
前向きなわたしとしてはかなり本気で落ち込む事件でもありました。

その後、大きな仕事が終わり、プチオフを楽しんだり、所属サークルの素敵なイベントを楽しんだりと、リフレッシュも出来たところに、次の事件。
これは説明し難いのですが「あわよくば」という自分勝手な人の思惑にひきずりまわされて、なおかつある人にとっては今後の人生が関わることゆえ「てやんでえ」と突き放しもできず、おつきあいせざるを得なかったこと、です。
これは落ち込みました。
ふだんのわたしなら、絶対殴りたおすか蹴りたおすかはするでしょう。

追い討ちをかけるように、再び9月末と同じパターンの事件も発生して・・・
ストレスで胃がおかしくなりました。

今夜のコンサートは、こわばってしまった気持ちを少しだけ緩めてくれたように思います。
明日はまたがんばります。
[PR]
# by damedelarose | 2007-11-30 22:35 | ちょっとマテ!?*どまんだ?

愛の楽器

フェルメール展に、古楽の楽器がたくさん展示されていました。
楽士の居間という雰囲気の部屋に、たくさんのヴィオール系の楽器たちがあり、その奥にみえるキッチンには、例の(笑)硬いパンがはいった木皿とミルクポットがおいてあります。

ちょっと待っていれば、オランダのおかみさんがすっとあらわれてミルクポットからミルクを注ぎそうな。

絵より、そちらの雰囲気と古楽器にうっとりとしていました。

最近我家の「アレキサンドリアライブラリ」(古代アレキサンドリアにあったという図書館です。蔵書の数もジャンルもおいつきませんが・・・)から、『ヴァイオリンの名器』という本を発掘しました。
読み出したら面白いです。

古楽といえば、波多野睦美さんという方のCDを聞くのが好きなのですが、彼女はイギリスの古楽の第1人者であるエマ・カークビーに師事した人なので、透明感のある16世紀の歌などが秀逸。

のだめのキャラクターたちは、とにかくパワフルで猪突猛進なので、古楽が似合いそうな人は思いつきません。
唯一、しっとりと演奏してくれそうなのが黒木でしょうか。
[PR]
# by damedelarose | 2007-11-09 20:35 | せんてぃ~れ*キカセラレ?

カボチャ大王

今年は24日につくった、カボチャ大王です。

去年よりクチがでかくなってしまいました。
でもかわいいでしょ?

b0038773_13585329.jpg



b0038773_13592243.jpg


ハロウィンといえば、成田美名子『アレキサンド・ライト』の試験+ハロウィン+マラソン!のところが大好きです。
あんなバカバカしいことに必死になってやりとげようとする、若さだなあと感じるのは年とった証拠ですね。。
高校の学園祭のとき、最高6つくらいのサークル、グループに関わっていたので、あの猪突猛進無我夢中!な雰囲気がよくわかるし、好きなんですね。

そしていまだに、同じようなことを公私ともにやっていることに気づいてしまいました(爆)
ハロウィンやろう♪と昨年誘われて、うれしくてうれしくて、今年が2回目ですが、もう毎年やる気になってるのですから(笑)
[PR]
# by damedelarose | 2007-10-30 14:06 | まんじゃ~れ*クイダオレ